工場を運営している企業にとって、重要な問題の1つが物を作る際に発生した排水をどのように処理するのかです。

日本では、高度経済成長と共に工場等で発生した有害な物質による公害問題が深刻化しました。
水銀やカドミウムなど人体に有害な物質を排出していた工場は当時いくつもあったのです。
この公害問題が、表に出た事で国民は有害物質の怖さを知る事になりました。その結果、現代ではこれらの有害物質が排出されないように各工場で処理を行う事が義務付けられたのです。

しかし、この有害物質を含んでいる水や空気を、無害な物にする為には、高額な専用機器の導入や最先端の技術導入が必要になります。
その為工場では、どのようの物を作るかだけではなく、どのように有害な物を無害にするのかも重要な課題の1つとなったのです。

このように排水や排気をどのように無害にするのかに注目が集まっている中で、最近研究されているのがマイクロバブルです。
マイクロバブルとは、極めて小さな気泡の事です。その小ささは、1㎜を更に100分の1にしたマイクロメートルと言う単位が使用される程です。
このマイクロバブルには、色んな効果があり、現在これを使った技術が盛んに研究されています。そのうちの1つが、排水機能の向上です。マイクロバブルの性質を利用した排水システムの構築は、有害な物質を排出する事が出来ない工場にとって、簡単に処理を行える方法の1つとして浸透し始めているのです。

OUT LINK